加齢臭とは

加齢臭は、男女ともに40歳代以降に増加します。自分自身はもちろん、衣服などからチーズや古本のような臭いがしたら加齢臭と考えて間違いないでしょう。
加齢臭予防には脂肪酸の分解を抑える抗酸化剤と抗菌剤が有効とされています。しかし、香料に関してはあくまで一時的な効果であり、加齢臭そのものの予防にはなりません。やはり加齢臭における最大の対策は体質改善が一番効果的です。

加齢臭の原因

加齢臭の元となるのは、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって生じる「ノネナール」という物質です。40歳を過ぎると酸化に対する抑制力が低下し、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加します。それに伴って、体臭成分であるノネナールが急増します。ちなみに、ノネナールは若い人たちからは検出されません。

活性酸素を減らす

活性酸素は加齢臭に限らず、生活習慣病の原因にもなりかねません。健康な体づくりのためにも、活性酸素を増やさないことが大切です。
活性酸素が増える原因は、喫煙やストレスなどがあります。一般的に言われている生活習慣病を防ぐ努力をしていれば活性酸素は減っていきます。

スポンサードリンク

体臭と加齢臭

若者が汗臭いのは、明らかに汗による体臭です。しかし、これが40代以上の男性になると同じ汗臭さでも、どこか違ったニオイに感じられますよね。中年男性には独特のにおいがあり、これこそがいわゆる「加齢臭」というものです。